top of page
検索

睡眠博士について


今日は小説風に書いてみる✍️


この前 、2ヶ月に1回の勉強会(⊃•̀ω•́)⊃✎があった。 この勉強会の名称はなかなか浸透しない。

「中井さんの勉強会」と言われること多いが、そんな中井さんについて書こうと思う。




中井さんを一言で言い表すなら"睡眠博士"



今回の勉強会では、自ら探究している「睡眠」の知識を披露した。


私の知る限りでは 、最近始めた勉強ではなく、おそらく2年前から。

体調不良になりやすい身体を改善するため始めたと思われる。


「良質な睡眠を得ること」は、日中のパフォーマンスを高める効果がある。 まず彼は、より良い睡眠効果を得るため、2年前に4万円で自分専用のオーダー枕を作った。


「睡眠」は生きてく上で無くてはならないが、 日本人の睡眠時間の平均は、世界でも一番短く、🇯🇵日本の睡眠障害は深刻らしい。


それにより、睡眠不足での経済損失額は3.5兆円とも、15兆円とも言われている。


以下↓↓↓睡眠不足によって起こる問題である。



また「睡眠」の探究は止まることなく、次に始めたのが "サウナ🧖‍♂️" である。


サウナの効果は、身体を深部から温め皮膚の血管を開いて、身体の熱を放出しやすくする。



人は寝てる時に🧠脳を休ませ、脳の働きを落ち着かせ、脳の休息を促す。

そのため夜間は、身体の深部体温を下げるため、皮膚から熱を出し🧠脳を冷やしているらしい。


そして、タバコ🚬𓈒 𓂂𓏸を吸うことは続けていた中井さん。


同じ勉強会のメンバー歯科衛生士🦷の秋庭さんがなかなか禁煙🚭できない彼に向けて「タバコを 深堀り」というプレゼンをした。


相当👂耳が痛かったようだが 、その後も勉強会の度に秋庭さんが熱心に「タバコはやめられましたか!?」と様子を聞き、とうとう禁煙。


歯科衛生士は、歯周病治療の一環で"禁煙支援"をするのだが、これがなかなか難しく困っている歯科衛生士は多い。



ぜひこの秋庭さんの考えた「タバコ三大レッドコンプレックス」の媒体を推奨したい。



その後、知識から行動まで睡眠博士となった中井さんは、良質な睡眠のおかげで身体の調子が良いそうだ。




閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post
bottom of page